ジャカルタAug便り最終編

いよいよ帰途に就く。ジャカルタの空港は出来たばかりで美しい。プレミアムラウンジも完成していた。羽田への飛行機は真夜中に飛ぶので、ホテルを午後7時半に出発する。ウィラ&ベラがボコボコになった車で空港まで送ってくれると言う。何故、ボコボコかと言えば、彼らがジャカルタ空港へ迎えに来てくれた時、そのDODGEの新車、SUVは真っ白でピッカピカだった。処が翌日、セミナーが終り、ベラの運転で会場のホテルからディナー会場へいざという時に地下駐車場内でカーブを回り損ね、柱にゴリゴリッ助手席側の後部ドアがボコッた。ベラはいいの、いいの、インドネシアは何でも安いし、保険に入ってるからとケロッとしている翌朝、別の場所へ移動するという事で、ホテルの玄関先で待ち合わせ、私は私の定席、運転席側の後部ドアを開けようとして驚いた。昨日のボコと全く左右対称の位置がボコっており、緑色のペイントまでへばり付いている聴けば、昨夜私たちを降ろした後、投宿先のホテル地下駐車場へ入れようとして、又ぶっつけたと言うウィラは少し困った様な顔をしているが、ベラは相変わらずケロッとして、同じ科白を吐いた。いいの、い\xA4

い痢▲ぅ鵐疋優轡△浪燭任皸造い掘∧欷韻貌類辰討襪ǂ蕾燭世ɕ修渓擷覆さい❹靴討覆蕕覆ぁ◀気董∀辰鯡瓩修Α⦿E戮枠爐蕕箸里ĺ未貳媚漸颪力辰澄◀發Α▲ぅ鵐疋優轡⇔鼠鈇呂箸討盡鈇貌類蠅修Δ砲發覆ぁ△修海妊献礇ɓ襯燭里△舛海舛妊好織弌▲泪奪唎鯤Ľ凌瑤箸發靴覆つ璉ɐ櫃韻拭△修靴董▲蹇璽蕕肇戰蕕ⅻ篁燭垢\xEBKFCでフライドチキンを食べることにした。後は帰国してから報告する。続く、