柏崎市の打ち上げ花火

今日のこちらの空は一日雲に覆われています。

今日の朝は暑さを感じなかったので室内の温度計を見たら25℃でした

しかし今も一面の雲で覆われていますがそれでも徐々に気温も上がり始めて30度となってしまいました(*_*;

予報では夕方から夜にかけて雨になるとか言っているので涼しくなるかもです。

話は変わりますが上越市柏崎市の花火大会の日が毎年同じなので今迄見に行ったことが無かったのですが先日の番組欄を見ていたら柏崎市の花火をテレビで放送するとの事でしたので録画しておきました。

今日はその録画したものを見ましたが上越市の物と違い柏崎市の花火は海面から割と近く斜め上に打ち上げられることがわかりました。

打ち上げられる時間も上越直江津)こちらは陽が落ちて暗くなった8時から打ち上げますが柏崎市はまだ明るい内に打ち上げられていました。

上越の打ち上げ時間が遅いのは別の理由があるのですが・・・

高田と直江津の祭る神様が同じで祭りが始まる先ず23日にその神様をトラックで高田に運んで初めに高田での祭りが始まります。

そして数日後(26日)高田での祭りが終わるとその神様が高田から直江津に帰る時は関川と言う大きな川を船で下り神様を直江津の港に戻されます。

その神様が夕方に直江津に到着しますがその神様を陸に揚げてから直江津の祭りが始まります。

そして花火の打ち上げが始まるのです。

直江津での祭りは27日から直江津の各町内会19の屋台が最終日の29日まで各町内会を巡航引き回ります。

28日は大民謡流しが有ります。

最終日の29日にお遷米と言う行事が有りますが最近はその日に外人さんが見物に訪れるようになりました(^_-)

*******************************

テレビの録画ですので画質が悪いですが一部紹介します^^;

こちらの打ち上げ場所は海の防波堤から真っ直ぐ上にです。

こちらは下の写真を見ると海辺の近くの浜から海に向かって斜めに打ち上げていますが上越の場合は一部柏崎の物と同じく打ち上げるものが有りますがほとんどは真っ直ぐに高々と打ち上げます。